空気を自動注入する
超楽チンな肉厚マット

グラムコンフォートマット
2022.07.29

グラムコンフォートマットとは

バルブを開けると自動的に空気が注入されるインフレータブルタイプのマット。
厚み8cmと分厚く、地面の凹凸や硬さをあまり感じないのが魅力です。

今回はダブルサイズ(1枚でふたりが寝られるサイズ)をセッティングします。
使い方は、まず収納袋から本体を取り出します。袋のサイズは直径約37×長さ約70cmで、重量は約5.2kg。肩がけができるストラップが付いているので、離れた場所への持ち運びも楽チンです。
マットを取り出したら2箇所のベルトを外して広げ、横にあるバルブのフタを開け、全開放にします。
バルブには上フタと中フタが備わっており、上フタだけを開けた状態が一部開放、上フタと中フタをともに開けた状態が全開放になります。
空気を本体に注入する際は全開放にします。そうすると自動的に膨らむので、あとは全体に空気が入るのを待ちます。
環境にもよりますが、おおよそ5分ほどでほぼ膨らむので、バルブを締めれば完成。力を入れることなくセッティングできるので、流れがわかれば子どもでもセッティングできます。

グラムコンフォートマットの撤収方法

次に撤収方法です。まずバルブの上フタを開け、一部開放にします。
次に、本体を二つ折り・四つ折りにしながら中の空気を抜いていきます。
グラムコンフォートマットに使用しているバルブは逆弁式になっており、一部開放にすることで、空気が中に入らずに外へ放出する機能を備えています。
これにより、マットを畳んでいる途中で空気が入らないので、撤収が簡単にできます。
ある程度空気が抜けたら、裾のほうからマットを丸めていきます。
ある程度丸めたら、ベルトで2箇所を固定し、収納袋に入れて終了です。撤収は空気を抜く時間を含め、おおむね3分でできます。

張りと沈み込みのバランスが絶妙

グラムコンフォートマットの中にはウレタンフォームが入っています。厚みが8cmもあるので、体重をのせても地面の硬さはあまり感じません。
また、このフォームがあることで体を包み込んでくれます。寝返りを打っても音が鳴りにくいのもポイントです。
表面には起毛加工を施しており、シーツなどを敷かなくてもそのままで気持ちよく寝られます。寝袋をまとって寝るもよし、暑い日にはブランケットなどをかけるだけで快眠できます。
裏面には滑り止めとなるノンスリップ加工を施しており、寝ている間に起きがちなズレを軽減します。

グラムコンフォートマットで快適なキャンプの夜を

通常のマットは、持ち運びを重視してコンパクトになるように設計されています。
中に空気を注入する必要があり、その多くは口やエアコンプレッサーなど手動で空気を入れなくてはなりません。
グラムコンフォートマットは、自動的に空気を入れてくれるので、手間をかけず、放置すればふかふかな状態にしてくれるのが魅力。
グラムコンフォートマットを使って、簡単かつ極上の寝心地を体感してください。

タラスブルバの逸品
FEATURE

BUY 購入する