自分好みに寝心地を変えられる
快適コット

ウルトライージーコット
2022.07.29

ウルトライージーコットとは

レバーを握るだけで、簡単に脚部をロックして組み立てられるローコット。
従来のコットはバネの力でガッチリと固定するため、力を入れないと組み立てられませんが、 ウルトライージーコットのレバーはさほど力を入れなくても固定ができるため、力に自信がない人でも楽にセッティングできるのが魅力です。

ウルトライージーコットの組み立て方

まずは収納袋からパーツを取り出します。袋のサイズは約47×13.5×15cmで、重量は約3.1kg。フレームにアルミ合金を採用し、耐久性を備えながら軽量化を実現しました。
こちらがパーツ。生地、フレーム2本、脚部4点のみです。
まず生地を広げます。
次にフレーム、脚を広げて連結します。その後、生地の両サイドにある穴にポールを差し込みます。
最後に脚をつけます。脚はレバーがない側を先にポールに引っかけます。
次にレバー側をポールに引っかけます。
しっかり引っかけたら、レバーをカチッと音が鳴るまで押し下げて固定します。
脚部を4本固定すれば完成です。慣れれば約5分でできます。
同じ構造のメッシュ生地タイプもあるため、暑い日のキャンプはそちらもおすすめです。

腰部の脚を移動することで、理想の寝心地を実現

耐荷重は約80kg。耐久性のあるポリエステルを採用し、脚をしっかり固定すると張りが出て安定して寝られます。
全体サイズは約182×72×16cm。地面からの高さは約16cmで、芝生の上でも生地がつかないため、底が濡れる心配はありません。一般的なライトコットを比べると、横幅を約10cm広く持たせており、ゆったり使えるのがポイントです。
計4本の脚のうち、腰部を支える1本は取り付け位置を変更できます。
身長の低い人はど真ん中に、身長の高い人は足下寄りに設置すれば、腰部に張りがでて快適性が向上します。
お好みに合わせてセッティングしてみてください。

ウルトライージーコットで快適なキャンプの夜を

地面の硬さと放射冷却を感じずに寝られるコットは、一度使うとやみつきになる便利グッズ。
ただし、設営にある程度力が必要だったり、腰の支えがイマイチだったりと、なかなかちょうどいいものが見つからない人もいるはずです。
従来のコットはバネの力でガッチリと固定するため、力を入れないと組み立てられませんが、 ウルトライージーコットのレバーはさほど力を入れなくても固定ができるため、力に自信がない人でも楽にセッティングできるのが魅力です。

タラスブルバの逸品
FEATURE

BUY 購入する