焚き火を心ゆくまで楽しめる
難燃ギア

ファイアシールドシリーズ
2022.12.16

ファイアシールドシリーズとは

難燃素材混紡の素材を使った、アウトドア向けの生地シリーズ。焚き火から出る火の粉がついても、燃え広がりにくいのが魅力です。
生地にはコットンも含まれており、肌触りが良いのもポイント。もちろん街中での使用も考慮したデザインで、年間通して使えます。
今季も新しいデザインのジャケットを用意しました。

焚き火の近くでも安心して使える秘訣

ファイアシールドは、当社の独自基準を設け、それを基に第三者検査機関での試験をクリアした安心のシリーズです。
写真右が未加工の生地、左がファイアシールドの生地。実際に実験をして、燃え広がらないことが証明されています。

ミリタリー仕様のスタイリッシュなデザインを採用

ミリタリールックを採用したアウターは全3種類。MA-1をモチーフにした「ファイアシールド インサーレーションジャケット」。表地にはファイアシールドの生地に撥水加工を施し、多少の雨ならしっかり弾きます。
中綿にはライトサーモという蓄熱性のある中綿を入れており、ダウンのように水を含むと縮むことがないので安心して過ごせます。さらに、左肩には小さいポケットがついており、車の鍵やエマージェンシーグッズなどが収納可能です。
M-65をモチーフにした「ファイアシールド 3WAYフード付きジャケット」。ファイアシールド素材を使ったアウターと、毛の長いフリース素材を配したライターの二重構造になっています。
ライターはベストタイプで単体でも使用でき、ボタンで留めているだけなので脱着も簡単です。
モッズコートをモチーフにした「ファイアシールド 3WAYモッズコート」。ライナーはライトサーモを入れており、冬でも暖かくして過ごせます。
ライナーはジャケットとして単体で使用でき、これ1枚で春から秋まで使えます。
また、ファイアシールドシリーズはいずれもユニセックスモデルなので、女性でも着ることができます。
ビッグシルエットで重ね着ができ、腕まくりをしても様になるデザインなので、兼用して使ってみてはいかがでしょうか。

和をモチーフにしたアウターも仲間入り

そのほかに、はんてんをモチーフにした「ファイアシールド ハンテン」も販売。おしりまですっぽり隠れる長めの裾で、寒い時期に便利です。
フロントに大きめのポケットを配置し、グローブやハンマー、焚き火の小道具などを収納できます。
もちろん表地のファイアシールド素材で、そのまま焚き火をしても火の粉が燃え広がる心配はありません。

寒い季節は焚き火が恋しくなります。しかし、ポリエステルを使った一般的なアウターは、少しの火の粉で簡単に穴が空いてしまうため、注意が必要です。
ファイアシールドシリーズは、テストを繰り返して燃え広がりにくい確かな安全性を備えています。焚き火から大事なウェアを守って、楽しくキャンプをしてみては?
タラスブルバの逸品

タラスブルバの逸品
FEATURE

BUY 購入する